延髄中枢の覚え方、ゴロ合わせ

延髄のゴロ合わせ、覚え方勉強法・ノート術

看護過程ドットコムの「ゴロで暗記」シリーズで延髄について扱ってみます。

延髄ってどこにあるの

大脳に近い部分から順に、間脳、中脳、橋、延髄と続き、延髄の下部で脊髄へと続きます。

中脳、橋、延髄脳幹と呼ぶのでした。
※間脳を脳幹に分類することもあります。

延髄の中枢とは

延髄には、聴神経、舌咽神経、副神経、迷走神経、舌下神経の神経核があります。

また、呼吸中枢循環中枢咳嗽中枢嘔吐中枢嚥下中枢発汗中枢に、唾液中枢など、生命維持には欠かせない多数の中枢があります。

延髄の中枢の語呂合わせ、覚え方

延髄の語呂合わせと覚え方
暗記に役立てていただけると嬉しいです!


遠:
は:汗中枢
だ:液分泌中枢
しの
順:環中枢
子:吸中枢
が:咳嗽(いそう)中枢
応:吐中枢
援:下中枢

看護師国家試験にチャレンジ

呼吸中枢の存在する部位はどれか。(第103回看護師国家試験)
1. 大 脳
2. 小 脳
3. 延 髄
4. 脊 髄

答え: