ビタミンDの覚え方、ゴロ合わせ

ビタミンDと紫外線の語呂合わせ勉強法・ノート術

ビタミンDってなんだっけ

ビタミンDはキノコ類や魚類などに多く含まれていて、小腸で吸収されます。

生体内でも、皮膚において紫外線の作用でコレステロール前駆体がビタミンD3に変化します。

ビタミンD3は肝臓で水酸化されて、腎臓の近位尿細管細胞によって活性型ビタミンDとなります。

活性型ビタミンDは腸におけるカルシウムの吸収を促進するとともに、腎臓でのカルシウムの再吸収を促進します。

ビタミンDの覚え方と語呂合わせ

ビタミンDの語呂合わせ

腸で吸収
:皮膚で外線の照射で
高齢コレステロールから生成する

美人タミンD
かき:腸でのルシウム収促進
食べる

看護師国家試験にチャレンジ

紫外線にあたると皮膚でつくられるのはどれか。
1.ビタミンA
2.ビタミンD
3.ビタミンE
4.ビタミンK

答え:ビタミンD
解説:ビタミンAとEの供給源は、食べ物です。ビタミンKの供給源は、食べ物と、腸内細菌による産生です。